« 名号・信心・念仏 | トップページ | いたずらに過ぐる月日は多けれど法を求むる時ぞ少なき »

2009年3月 6日 (金)

寒風や 凌いで香る 梅の花

京都から、梅の花盛りとの知らせが。今年は桜も早いかな。

さて帯広は、なんと雨。この時期の雨が珍しいのかそうでないのか。帯広初心者の私にはよくわかないのです。(コメントお願いします!)

Ts3d0334 (←帯広市)

Aki氏は、今日は、網走、明日は、北見。このブログのタイトルにもなっている「流氷」を見ることができたのかな。

でも、もうあっという間で、十勝も、春ですね。

北海道のおばさんによると、

福寿草・水仙・チューリップ・梅・桜etc色々な花がいっせいに咲いて

春から初夏にかけての帯広は最高ですね!

楽しみです!

~寒風や 凌いで香る 梅の花~

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

|

« 名号・信心・念仏 | トップページ | いたずらに過ぐる月日は多けれど法を求むる時ぞ少なき »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風や 凌いで香る 梅の花:

« 名号・信心・念仏 | トップページ | いたずらに過ぐる月日は多けれど法を求むる時ぞ少なき »