« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

大宇宙有盡頭嗎?(宇宙に果てがあるのか)

道内の講座のスケジュールです。(全部ではありません。)

Ts3d0474 昨日のとかちプラザは、とどろきの勉強会。

(とかちプラザからの景色、向こうに、日高山脈が見えます。好美!)

続けて講座に参加されている方は、「仏教は本当に凄いですね。最近も仏教の宇宙観を知り、感動しました。」とのこと。(参考:おかもんさんのブログより)

宇宙に果てはあるのかな。じゃ、その向こうは・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

矛盾!それとも?がおがおぶー(ナンバーワンよりオンリーワン)

Ts3d0471 「十勝晴れ」です。昨年、学徒さんが、植えて下さったチューリップの蕾が。

今日は、「とかちプラザ」でどんな出会いがあるか。胸ふくらみます。

さて、「矛盾!それとも?がおがおぶー(ナンバーワンよりオンリーワン)

について。」~

天才ソングライター、槇原敬之の名曲「世界に一つだけの花」私も大好きな一曲です。スマップが歌いセールス200万枚の大ヒットとなりました。

※アラカン(アラウンド還暦)で頑張ってる、小田和正さんの美しい声のカバーです。

「ナンバーワンよりオンリーワン」有名なフレーズですね。

ところが、今、旬のヒーローと言えば、イチローさんですが、そのイチロー語録にこんな言葉があることを知りました。

「1番になりたかったですね。僕はナンバーワンになりたい。オンリーワンになりたいとか甘いこと言ってるヤツが大嫌いなんで」

おっと、ちょっと険悪なムードに・・・・・

でも、僕らは、どちらの言葉にも惹かれるし・・・・・

そんな僕の心は、

矛盾しているのか。

それとも。

がおがおぶー!

親鸞聖人に聞いてみたい。

~弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなり~(歎異抄)

そうか!オンリーワンのナンバーワン(ナンバーワンのオンリーワン)になればいいのか。

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

教えてくれてありがとう!(子供)の1

090428_121501(今日は、芽室町めむろーどにて講座でした。)

(日曜に降った雪で、また真っ白になった日高山脈が見えます。)

※「教えてくれて有難う」と感謝の言葉を綴りたいのです。

どんなことからも学べるとつくづく思う。

子供から学べることもいっぱいあると思う。

~彼は、子供が生まれたとき、外国にいた。

 約半月、ずっとずっと会いたい思いをおさえていた。

 初めて会ったときは、言葉にならないほど嬉しかった。

 その時、彼は思った。

 弥陀は、その何億倍も、俺に会いたいと呼び続けて

 おられるに違いない~

 深深得知人可以学習從周圍所有的

 從小孩,当然可以学習

 他的兒子們生下来的時候在外国

 大約半個月他一直一直很想看他們但蔵起来這個念頭

 第一次看到他們的時候,他太高興而忘掉一切語言

 那個j時候他感受到

 弥陀抱著幾億倍的「很想看你」的心情一直待等「遇見」

 ~乱寫了,看不懂的部分,請告訴我(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちまりこんさみ(4)~ない

※幼い頃から父が「外国へいったり、外国語を学ぶと視野が広がるぞ」とよく言っておりましたが、「そうだな」と思います。

今日の台湾語「ちまりこんさみ」(あんたさっきなにを言ったの、你剛才説什麼?)は

「ぼー」です。これは、「ない」という意味。

「無人熟識」(ぼーらんしさい)とは、「知り合いが誰もない」とい意味です。

(北京語では、没有人認識)

それに対して「ある」は「うー」(有)といいます。

これについてのうんちくはのちほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

わからない

浜田省吾つながりでもう一つ。

~おれにはどこか心に欠けたところがあるのかふれるすべてを壊しちまう
強さなのか 脆さなのか わからない
でも気付けば大切なもの いつもおきざりにして~
                     「悲しみの岸辺」

人付き合いの苦手な彼は、ずっと、そんなことを思い続けてきた。

今も。その心が救われることがあるのだろうか。

親鸞聖人に聞きたい。

「悪性さらにやめがたし
 心は蛇蠍のごとくなり
 衆善も雑毒なるゆえに
 虚仮の行とぞなづけたる」

「小慈小悲もなき身にて 
 有情利益はおもうまじ
 如来の願船いまさずは 
 苦海をいかでかわたるべき」  (親鸞聖人)

Marusei

六花亭のお菓子で一息。

   

浜田省吾の、 「悲しみの岸辺」は見つからず、アマチュアの方が歌っているものを張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

信じられない

仏教と聞けば、欲や怒りや、うらみねたみそねみの愚痴の煩悩を無くすか、減らすか、抑える教えと思っている人ばかりです。

ところが、親鸞聖人は、正信偈に、「不断煩悩得涅槃」煩悩あるままで救われる世界のあることを教えておられます。仏教観ががらりと変わる凄いお言葉。

信じられない、驚くべき世界です。

(本日、高森顕徹先生より聞かせて頂きました。)

20090426163536北海道は、冬に逆戻り(更別村です。)

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

打ち破れ(打破!)

23年前、オリコンチャート1位の浜田省吾のアルバム、J.BOY

タイトル・トラックの「J.BOY」は、この国と、この国の若者達の未来に

問題定義をしています。

~仕事終りのベルに とらわれの心と体 取り返す
夕暮れ時 家路たどる人波
おれはネクタイほどき 時に理由もなく叫びたくなる 怒りに
J.Boy 掲げてた理想も今は遠く
J.Boy 守るべき誇りも見失い

果てしなく続く生存競争 走り疲れ
家庭も仕事も投げ出し 逝った友人(あいつ)
そして おれは心の空白埋めようと
山のような仕事 抱え込んで 凌いでる
J.Boy 頼りなく豊かなこの国に
J.Boy 何を賭け 何を夢見よう~

あのころの、20代は、いまは、アラフォー、30代は、アラフィフ

この現実を打ち破ることができたのだろうか。

苦しみの連続の人生「なぜ生きる」

親鸞聖人に聞きたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ちまりこんさみ(3)~ごめんなさい

「ごめんなさい」を、台湾語では、「ぱいせい」と言います。

(北京語では、對不起「トエプチー」です。)

草なぎ君も今ひたすら、「ぱいせい、ぱいせい」と謝っているんだろうな。

Ts3d0465 (これは、昨日、雪景色の網走です。)

~出生為日本人用日語聴聞”世界之光”親鸞聖人的教義絶不是當然的事,非常幸福的事,真的感謝!~

~日本人に生まれ、日本語で”世界の光”親鸞聖人のみ教えを聞かせて頂けることは決して当たり前のことではないのです。大変幸福なことです。感謝せずにおれません。~

Ts3d0055

時々好みの「華流ポップス」を紹介したいと思います

張清芳と張宇 の「別來無恙」(その後つつがないですか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とかちプラザ

Ts3d0431 本日は、とかちプラザで、高森顕徹先生から、親鸞聖人が教えておられる「無明の闇」について学ばせて頂きました。

無明の闇=疑情=疑網=後生暗い心=死んだらどうなるかハッキリしない心ということです。

人は、老後のことは、心配するのに、その先の、「死んだらどうなる。」を心配していない。

こんな大問題なのに・・・・

本当にそう思います。

今日は、1時間半かけて、「広尾」というところからも参加されました。

広尾と言えば思い出すのが、廃線になった、広尾線です。

この線に、「幸福站」や、「愛国站」があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

悩み

「どうすれば、本当の幸福に向かってもっと真面目になれるのだろうか。」という悩みをお聞きしました。いろいろな悩みがありますが、これは、本当に尊い悩みだと思います。(有人問我「我怎麼様才能更認真對真正的幸福?」人有很多種煩悩,但這種煩悩真的是尊貴)

Ts3d0469 (網走も雪です。寒い!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪!

雪(!)模様の北見です。今から網走に走ります。

Ts3d0464

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

北見市民会館4

本日の北見市民会館でも、熱心な質問が次々と。

「どうすれば後生の一大事に真剣になれるのでしょうか?」などなど。

Ts3d0463 (我在北見的麥當勞快要離開去拜訪学徒家法施)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福站(3)~あこがれの人の3

Ts3d0462 ~あなたのようになれたらと 憧れる
  その想いが 力をくれる~(『眼鏡越しの空』ドリカム )

心に「あの人のようになれたらいいな。」と思える人がある人は、幸福ですね。

そんな人が、近くにいる場合も、遠くの場合もありますね。

「あこがれ」程度ではなく、心の底から尊敬できる人に出会えた人は、最高に幸福ですね。

~昿劫多生の間にも

   出離の強縁知らざりき

     本師源空いまさずば

     この度空しく過ぎなまし~(親鸞聖人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北見市民会館3

冬が終わり、早朝の移動が可能となり、朝帯広を出発して北見に来ました。(長長的北海道的冬天差不多結束了,因開車比較安全早上出発也可以従帯広到達北見(150Km)途中有山巔也没問題)

Pict0001 雪が残っているところも。

Ts3d0461

陸別の温度計は5度。

さて、どんな出会いがあるか!(有怎麼様的遇見!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

幸福站(3)~あこがれの人の2

~あなたのようになれたらと 憧れる
  その想いが 力をくれる~(『眼鏡越しの空』ドリカム )

心に「あの人のようになれたらいいな。」と思える人がある人は、幸福ですね。

そんな人が、近くにいる場合も、遠くの場合もありますね。

最近なら、多くの日本人が、「イチローさんのようになれたらいいね。」とあこがれています。

そんな人がありますか。

※すみません。写真と本文はあまり関係ありませんでした

Ts3d0459 (帯広駅)

Ts3d0460 (ラーメン)

.

..........自分で幸福のかたちを定義することは、大変なんです。だから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちまりこんさみ(2)~「私」

Pict0010

ネットで見つけた台湾語講座です。

「私」のことを、中国語(北京語)では、「我」と書いて、「ウォー」と読むことをご存知の方は多いと思います。

では、台湾語では・・・・・・

「わ」とか「ぐわ」と読みます。

だから、お母さんが、家族に、「これつまみ食いしたの誰!」

と聞くと、おとうさんが、「ぐわ!」と答えます。(なんか、豪快な感じ)

そこで、「私は日本人です」は、「我(ぐわ)是(し)日本人(りぷんらん)」となります。

「ぐわし、りぷんらん」

※ちなみに台湾語は、日本語のあいうえおで表記した発音で通ずるようです。北京語は、日本語にない発音が大変多く、発音の習得が難しいです。

~出生為日本人用日語聴聞”世界之光”親鸞聖人的教義絶不是當然的事,非常幸福的一件事,真的感謝!~

~日本人に生まれ、日本語で”世界の光”親鸞聖人のみ教えを聞かせて頂けることは決して当たり前のことではないのです。大変幸福なことです。感謝せずにおれません。~

Ts3d0055

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

曰未知生、焉知死(孔子)

~未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福站(3)~あこがれの人

Pict0001 (幸福探しの旅は続く)

あなたは、「あこがれの人」がありますか?

~あなたのようになれたらと 憧れる
  その想いが 力をくれる

 あなたのようになれたらと 憧れる
  その想いが 力をくれる~

(『眼鏡越しの空』ドリカム )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ちまりこんさみ(1)

いまで紹介しました、台湾語、「ちまりこんさみ」は、「いま、あんた何と言ったの」という意味でしたね。

台湾に行かれた方が、是非、使って頂きたい台湾語を「ちまりこんさみ」で、紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15センチのサランラップ

Ts3d0456_2

※訂正しました。(20センチ→15センチ)

突然ですが、これは、「15センチのサランラップ」です。

便利です。どこが便利なのか、そして、これにまつわるAki氏と私のエピソードはのちほどに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妳就是主角!

妳就是主角!これは、「あなたこそ主人公だ!」という意味です。

主人公になりたいけど、いつも脇役、なんか、いつも劣等感・・・・

そんな人に、親鸞聖人はおっしゃいます。

妳就是主角!すごい!

「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずればひとへに親鸞一人が為なり。」(親鸞聖人)

Ts3d0455 (おっさんも主人公)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

幸福站(2)

幸福站から幸福探しの旅が始まりました。

Ts3d0457

少し過去へ戻ってみましょう。

20年ほど前、髪を肩まで伸ばし、ギターをかき鳴らしていた少年が、ノートにこんな言葉(歌)を書きなぐっていました。

『しあわせ求めて 生きてきたけれど

 今まで僕は 生きてきたけれど

 少しも変わらないよ

 ほんの少しも

 僕の心 少しも 変わらないよ~』

17歳の少年が、17年間を、”今まで僕は 生きてきたけれど”と歌っていることに

注目せずにおれません。

生きる目的がわからない17年は、決して短くはなかったのでしょう。

無始より迷い続けてきた生命を感じてもいたのかな。Ts3d0397

(土曜日の新千歳空港では、よくFMの公開放送でコンサートなどが行われています。高校時代を思い出すのです。)

「曠劫多生のあいだにも
 出離の強縁知らざりき
 本師源空いまさずは
 このたび空しく過ぎなまし」(親鸞聖人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

幸福站

幸福站(站=駅)

Pict0003 とかち帯広空港から、車で数分のところにある、有名な「幸福駅」です。

※現在は、廃線になって駅だけがあります。

この近くには、これまた、最近、話題の、田中義剛の花畑牧場もあります。

Pict0004 昨日の写真です。

Pict0002 雪を頂いた日高山脈も見えます。

さて、ここから「幸福探し」の旅に出ませんか?

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そのままでいいんだよ(2)

そのままでいいんだよで紹介した、ビリージョエルの「Just the way you are」(素顔のままで)

「このままでは魅力がないと思われるのでは・・・・」と、もっと魅力的に変わろうと、一生懸命の彼女に、「そのままでいいんだよ。(I'll take you just the way you are)」と歌っているのです。

でも、もし、彼女が、「魅力的に変わろうと一生懸命」でないとしたら、「そのままでいいんだよ。」の言葉を、彼は言うのか。

また、言ったとしても、彼女は「じーん」と来ただろうか。

という疑問があります。

「そのままでいいんだよ。」の言葉は、「頑張って頑張って、もうこれ以上できない!」と悶えている人に、凄い力を発揮することがわかりますね。

Mvc021s

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

失って気がつく大切さ

Water_lilies 失って、初めて大切なことがわかる。

そんなことが沢山ありますね。(そんなことばっかり)

父親、母親、妻子、友人、恋人、家、健康、信用・・・・・・

でも、やはり、一番失って後悔するものは、自分の命です。

決して命を粗末にせず、そして、後悔のない人生にしたいものです。

「人身受け難し今已に受く」(釈迦)

「一度(ひとたび)人身を失えば万劫にもかえらず」(親鸞聖人)

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)Ts3d0395_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なにげない日々が輝く

Ts3d0451 家の近所(南太閤山)の交差点のチューリップが満開。

それを、「わぁーきれい!」と喜べる子供の心、いいなと思います。

イベントの日だけなく、旅行に行ったときだけでなく、

なにげない日常の一瞬、一瞬が、全部輝いたら、どんなに素晴らしいだろう。

それを、教えておられる、親鸞聖人、凄いですね。

「五濁悪世の衆生の
 選択本願信ずれば
不可称不可説不可思議の
  功徳は行者の身にみてり」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのままでいいんだよ

Mvc022s 「そのままでいいんだよ。そのままで全部受け入れるよ。」と言ってくれる人があれば、どんなにいいだろう。

「Just the way you are」(素顔のままで)ビリージョエルの名曲。

あるがままの心で生きようと願うから・・・」(名もなき詩)ミスターチルドレン

この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ」(明橋大二医師)などなどなど・・

癒される言葉ですね。

親鸞聖人が、その究極を教えておられることに感激せずにおれません。

有漏の穢身はかわらねど 心は浄土に遊ぶなり」

Ts3d0111

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

三願転入

親鸞聖人のみ教えの根基である、三願転入

Ts3d0055

聞かせて頂けば頂くほど驚嘆です。

お伝えしたいですね。

Photo

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

ポジティブに

飛行機の中は、情報収集の場ですが、こんな話を読みました。

ポジティブ、前向き、プラス思考の靴のセールスマンと、

ネガティブ、後ろ向き、マイナス思考の靴のセールスマンが

アフリカに市場調査に行ったのです。

ネガティブ、後ろ向き、マイナス思考の男は、がっくり肩を落として帰ってきました。「アフリカでは誰も靴を履かない。だから、靴は、一足も売れない。」

ところが、ポジティブ、前向き、プラス思考の男は、やるきまんまんの顔をして帰ってきました。「アフリカでは、まだ誰も靴を履いていない。これから売れるぞ!」 

同じ事実を、どう見るか。こんなにも違うのか・・・・

ポジティブ、前向き、プラス思考で頑張りたいですね。

Tokachigawaoohashi

 (十勝大橋の夕暮れ)               

でも、やっぱり、「ではなぜそのようにして頑張らねばならぬのか。」の根っこが大切ですね。

そうでないと、疲れて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

いま

芽室町にて、高森顕徹先生から「三世因果」について聞かせて頂きました。

「悠久の過去も永遠の未来も現在におさまる」と言われますが、

その現在=いまが、わからないのです。

「いま」を言葉で言えるでしょうか。「い」と言ったときには、「ま」は未来。

「ま」と言ったときには、「い」は、すでに過去。

どれだけ速く、「いま」と言っても、同時に言えない。

(同時になったら、意味不明になる。)

時の旅人は、「いま」にしかいないのですが、その今がわからないんですね。

Ts3d0445_6

(芽室町の夕日)

夜は、「れすとハウスかしわ」で、「キングサーモン定食」を頂いてしまいました。

Ts3d0448Ts3d0449

台湾語(北京語ではありませんよ)で、「今」をなんと言うかご存知ですか。

「ちま」と言います。

「ちまりこんさみ」とは、「あんた今、何言ったの?」という意味なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

北見市民会館

北見市民会館は、60代、70代の男性の方が多い場所です。

また熱心な質問が多い場所でもあります。

摂取不捨の利益とはどんな世界か。どのようにしてその世界に出るのか。などなど。

それについて「親鸞聖人が答えられた教えが、三願転入の教えなのです・・・」

終了後も信心の沙汰が続きました。

Chimikeppukoケミチップ湖)帯広から網走への道中にある大変美しい湖です。

※この名前を聞くたびに、なんか「ケチャップ」を思い出してしまう私です。「オムレツ食べたい・・・・」~すみません。

Ts3d0111

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

浄土真宗親鸞会http://www.shinrankai.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

あったかな日でした。

今日は、日中は、気温が20度を超え、あったかな日。

Ts3d0438

(陸別の温度計も、18度)

帯広から、網走へ走る道中は、飛び跳ねる

鹿の一群や、どたっと昼寝している、

牛など、なんとものどかな景色でした。

さて網走の「聞きたい」ご夫婦のお宅に到着。

Ts3d0439

(お庭には可愛い花が)

「お釈迦様は、善ができない私達に、なぜ善を勧められたのですか。」

「親鸞聖人は、十方衆生と誓われている本願を、なぜ親鸞一人がためなりと仰ったのでしょうか。」

などなど、するどい質問が続々と。

でも、幸福な私は、高森顕徹先生から、詳しく教えて頂いております。

「待っていました。お話しましょう!」と、話すこと、7時間、

Ts3d0442はすでに暗くなっておりました。

(途中で「毛ガニ」を頂きました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

十勝晴れ(3)

十勝晴れが続く帯広。

Ts3d0431 「とかちプラザ」では、とどろきの4月号を皆さんと一緒に学びました。

4月号、本当にいいですね。

約1時間かけて、豊頃からも主婦の方が参加されました。ご苦労様でした。

豊頃といえば、「ハルニレの木」のあるところです。

Harunire1 この~木何の木気になる木のCMに使われていたと言われて話題になったのですが、実際は、使われていなかったそうです。(でも、やっぱり気になる木なのだ。)ドリカムの、吉田美和さんは、このように言っています。

豊頃のいまの様子は

そして、これは、学徒さんが下さった、柳月の「白花豆どら焼き」いけますね。

Ts3d0437

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

浄土真宗親鸞会http://www.shinrankai.or.jp/

旭川の様子は・・・http://blog.goo.ne.jp/asahikawa18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十勝晴れ(2)

本日も十勝晴れ

Ts3d0428 雪を頂いた、日高山脈がはっきりと見えます。

おにぎりマンのばあちゃん達、学徒さんたちから頂いた野菜で作ったコンソメスープを頂いて出発、今日も、「とかちプラザ」で、どんな出会いがあるか。很期待!

Ts3d0427

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)Ts3d0326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

十勝晴れ

昼は、帯広駅正面にある「とかちプラザ」にて、

高森顕Ts3d0425徹先生から、「白骨の御文」について聞かせて頂きました。

ご存知ですか。「それ人間の浮生なるすがたをつらつら観ずるに・・・」

と始まるあの有名なお言葉です。

(とかちプラザから見た、長崎屋、向こうに日高山脈が見えます。)

夜は、更別の「レストハウスかしわ」さんへ。

「今日は、手亡のぜんざいをどうぞ。」「手亡って・・・何ですか?」

また一つ十勝の豆の勉強をしました。

Ts3d0426

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。) Ts3d0159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おにぎりマン発見

Tokachihatake 広大な十勝(芽室町)の畑の中のお家に80過ぎのご夫婦がおられ、

毎月の、月命日にお宅をお尋ねしております。

そこの奥さん(80歳)が、「私、60歳の娘とあったときは、何も言わず、

まず、抱っこするんですよ。」、こんなところにもおにぎりマン発見です。

そして、また、お釈迦様の、親の大恩十種の「究竟憐愍の恩」を思い出したのでした。

A0001511

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。) 

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

おにぎりマン

Ts3d0417

子育てハッピーアドバイスの著者、明橋 大二医師によると、

子供に、「自分は生きていていいんだ。」という自己肯定感を育てることが大切だそうです。

そこで、抱っこが大変効果的とのこと。

ぎゅっという絵本が人気があるのも、みんな、その大切さを感じているのでしょう。

そこで、同じ、コンセプトで、「おにぎりマン」はどうでしょうか。(おむすびマンではありません。)

「おにぎりマン」は、子供たちを、ぎゅっと抱きしめて聞きます。「おにぎりになった?」

子供は、満足していれば、「おにぎりになった。」と言いますし、まだ、満足していないと(心がばらばらなら)「まだおにぎりになっていないよ~。」と言います。

「おにぎり完成」が任務のおにぎりマンは、ぎゅっぎゅっぎゅっと頑張っておにぎりを握るのです。

Ts3d0423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

鹿を見る、鹿を食べる

090406_143801

千歳から、帯広まで、Aki氏の運転で移動しました。ご苦労様でした。

少し、雪が融け暖かくなってきたか、途中、川べりに鹿が

何頭も、可愛い!

←占冠で、休憩したときに、見かけたのは鹿料理のメニュー

食べてみたい!

可愛いと思ってみたり、食べてみたいと思ってみたり、まことに勝手な私の心であります。

090406_075602

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

※南太閤山の桜も咲き始めました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

東京

羽田空港から、モノレールで浜松町、そして、山手線で、東京駅へ。

浜松町から東京の、わずかな間に、「身体の不自由な方に席を譲る青年」

「お年寄りの方に席を譲るOLさん」を見かけました。

「日本も、東京も捨てたもんじゃない。余裕のない自分が恥ずかしいな。」と反省しました。

グーグーパンダさんの利他の精神の話も思い出したり・・・・

Ts3d0422

081139

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

浄土真宗親鸞会http://www.shinrankai.or.jp/

親鸞会ブログ・ポータル http://xn--6oqq14l22m.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(昨日は日記お休みしてしまいました。)

お釈迦様は、「人生は旅」とおっしゃいました。

「過去現在未来」時間を旅する旅人、「ここからあそこへ」空間を旅する旅人。

(でも、いつも「現在」、「ここ」にしかいないような気もする旅人)

~私の人生も、飛行機とともに、いろいろな場所を旅しております~

Ts3d0421090402_155801_2  090402_160701

(一昨日は、札幌)

090402_221301 (夜は、東京「東京駅前、日本橋髙島屋前の桜は満開です。」)

そういえば、ユーミンの新しいアルバムのテーマも「旅」だそうです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3533105(そしてもう一度夢見るだろう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

走った

昨日は、早朝から夜遅くまで、日記を書く時間もなく北海道横断しておりました。

北見から、旭川へ、旭川から、北見、北見から帯広と・・・・

途中、北見では、学徒さんが、「旭川に行って本当によかった!」と

北見名物、焼肉をご馳走して下さったのです。

沢山の鹿にもあい、峠では、冬景色もありの旅でした。

Ts3d0410 (芽室)

Ts3d0411 (層雲峡)

Ts3d0412 (焼肉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »