« 北見市民会館 | トップページ | ポジティブに »

2009年4月12日 (日)

いま

芽室町にて、高森顕徹先生から「三世因果」について聞かせて頂きました。

「悠久の過去も永遠の未来も現在におさまる」と言われますが、

その現在=いまが、わからないのです。

「いま」を言葉で言えるでしょうか。「い」と言ったときには、「ま」は未来。

「ま」と言ったときには、「い」は、すでに過去。

どれだけ速く、「いま」と言っても、同時に言えない。

(同時になったら、意味不明になる。)

時の旅人は、「いま」にしかいないのですが、その今がわからないんですね。

Ts3d0445_6

(芽室町の夕日)

夜は、「れすとハウスかしわ」で、「キングサーモン定食」を頂いてしまいました。

Ts3d0448Ts3d0449

台湾語(北京語ではありませんよ)で、「今」をなんと言うかご存知ですか。

「ちま」と言います。

「ちまりこんさみ」とは、「あんた今、何言ったの?」という意味なんですね。

|

« 北見市民会館 | トップページ | ポジティブに »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま:

« 北見市民会館 | トップページ | ポジティブに »