« 鹿を見る、鹿を食べる | トップページ | おにぎりマン発見 »

2009年4月 7日 (火)

おにぎりマン

Ts3d0417

子育てハッピーアドバイスの著者、明橋 大二医師によると、

子供に、「自分は生きていていいんだ。」という自己肯定感を育てることが大切だそうです。

そこで、抱っこが大変効果的とのこと。

ぎゅっという絵本が人気があるのも、みんな、その大切さを感じているのでしょう。

そこで、同じ、コンセプトで、「おにぎりマン」はどうでしょうか。(おむすびマンではありません。)

「おにぎりマン」は、子供たちを、ぎゅっと抱きしめて聞きます。「おにぎりになった?」

子供は、満足していれば、「おにぎりになった。」と言いますし、まだ、満足していないと(心がばらばらなら)「まだおにぎりになっていないよ~。」と言います。

「おにぎり完成」が任務のおにぎりマンは、ぎゅっぎゅっぎゅっと頑張っておにぎりを握るのです。

Ts3d0423

|

« 鹿を見る、鹿を食べる | トップページ | おにぎりマン発見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おにぎりマン:

« 鹿を見る、鹿を食べる | トップページ | おにぎりマン発見 »