« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

・・・・・

更新、サボっておりました。今日は、学徒さんから頂いたお花の写真(これもうまくとれていないんですが)

とりあえず・・・

Ts3d0530 今日は、「とかちプラザ」でした。

珍しく雨の帯広・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

真珠の玉(2)

89歳でも活躍されている、

森 光子さん(京都市出身なんですね)と言えば、

放浪記。作者は「林芙美子さん」です。

林芙美子さんと言えば、

~花の命は短くて苦しきことのみ多かりき~

の歌ですね。

しかし、林芙美子さんに聞くまでもなく、

人生は、苦しい涙、悔しい涙、悲しい涙、涙、涙ですね。

~人生の目的を達成したとき、一切の苦労は報われ、
       流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる~

(高森顕徹先生の「なぜ生きる」の中の言葉)

Ts3d0512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

真珠の玉

Ts3d0488 (踏まれても根強くしのべ道の草やがて花咲く春のくるまで)

今日は、病気で悩んでいる方とじっくり話をさせて頂きました。

力いっぱい、本当の幸福を求めたいのに、身体が言うことをきかない。

涙ながらに語られます。

「ひとりひとりの精一杯が尊いと思います。誰かとくらべるのも、本当の幸福ではないし、本当の幸福に向かっての道も誰かとくらべて求めてゆく道ではないんですよね。」とお話しました。

「くらべてばかりいる自分の心」を叩きながらお話しました。

それでも、悔しい涙が・・・・、わかるわかる。

でも、本当に尊い涙と思いました。

高森顕徹先生の「なぜ生きる」の言葉を思い出さずにおれませんでした。

~人生の目的を達成したとき、一切の苦労は報われ、
       流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

今週のシチュー

Ts3d0528 今週のシチューは、北見の玉葱、更別のアスパラ、芽室のジャガイモでです。

学徒さんに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

自由と平等

Ts3d0527 (帯広教室の花。)

今日も、帯広教室で、「人間の実相」を聞かせて頂きました。

終了後、かつて共産党の活動をして来られた方から、「自由と平等」についての話題が。

そこで、私が求めている、「自由と平等」について、考えてみました。

自由は・・・いいけどこわい、やっぱり、誰かに守ってもらいたい。抱きしめてもらいたい。

平等は・・・自分が愛されない不平等は嫌だけど、自分だけが愛される不平等ならいいかも。

そんな、わがままな、私でした。

歎異抄に、親鸞聖人は、

~すなわ摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり~ と抱きしめられ、

~弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずればひとへに親鸞 一人が為なりけり~

と、あなた一人を愛する。と言われながら、完全自由と平等を、実現される世界があると

言われます。すごい!

真の自由と平等は、ここに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

「感謝できる」ということは、本当に幸福なこと。Ts3d0526

重い病をいくつも抱えている病人は、その一つを治してもらっても、

まだ、医者に感謝の言葉は出ない。

それどころか、「はやく、他の病も治してくれ。」と

へとへとになっている医者に言う。

完治したときに、やっと、「すみません。自分の苦しみばかり訴えて。先生のお疲れを

考えずに。」と、いままでのことを心から謝る。

~感謝できることに感謝~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

汝自身を知れ

昨日は、北見のご縁のあるところにて、

人間の実相」を聞かせて頂きました。

これは、人間の本当の姿を教えられた、

お釈迦様の有名なたとえ話です。

高校時代に始めて聞いた仏教のお話もこのお話なんです。

Ts3d0520

(網走の学徒さんの畑です。)

Ts3d0524 (網走のおっさんです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

あ、そう!

現在、帯広から、150キロ離れた、北見市にきております。

夕方のテレビニュースを見ていると、時々利用する、とかち帯広空港が

全国ニュースに登場。

占冠(しむかっぷ)での太平洋・島サミットの為に、

Ts3d0447 北海道入りした麻生総理が、帯広経由で、占冠に

向かったとのこと。

夜、訪問をしたお宅で、その話題を出すと、「あ、そう、なの」

と返ってきました。同じ道東でも、遠く、離れたこちらは影響なしですね。

それより、とかち帯広空港の近くの学徒さんのアスパラ、今年は、霜やら風などで大変なようです。

どうか無事に育って、はやくに二千畳のご縁がありますように。

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日々是好日

Ts3d0502 昨晩は、北見市民会館にて、「とどろき5月号」そして、

「アニメーション映画、世界の光親鸞聖人」第6部

から学ばせて頂きました。

アニメ映画の中で、良作さんという人が、親鸞聖人に、

「日の善悪はあるのでしょうか。」

とお尋ねしたところ、

「同じ日に、ぼーっと歩いていて財布を落とす人もあれば、

その財布を拾う人もある。元来、日に善し悪しはないのだよ。」

と教えておられます。

~如来の法のなかに吉日・良辰をえらぶことなし。(お釈迦様の涅槃経)

お釈迦様は、日の善し悪しというものはなく、因果の道理を信じ、

廃悪修善に心がけ、光に向かってゆけば、毎日がよい日になると教えておられます。

「日々是好日」ということですね。

Ts3d0515 (浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

鹿、狐、馬、牛

本日も、北見へ向かって、十勝平野を走りました。鹿、狐、馬、牛、皆さんと会いました。

Ts3d0519

(キツネがいます。見えますか。)

Ts3d0518

(陸別の温度計は、24度、冬はこれに、「マイナス」がつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスチルの「ギフト」

~「本当の自分」を見つけたいって言うけど
 「生まれた意味」を知りたいって言うけど~(ミスチルの「ギフト」)

 「本当の自分」「生まれた意味」 親鸞聖人から聞かせて頂きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月19日 (火)

スキマスイッチって(2)

大橋卓也君の「ありがとう」です。

いい詩ですね。

~なまぬるい風に吹かれながら 東京の空眺めてたら
 遠くで暮らしてるあなたの事をふと思い出す 元気ですか?
 夢を追いかけて離れた街 見送ってくれたあの春の日

 頼りなかった僕に「後悔だけはしないで」と
 優しい言葉 ぬくもり その笑顔
 ずっと覚えてるよ そして忘れないよ
 今 心からありがとう

 出来が悪くていつも困らせた あなたの涙何度も見た
 素直になれずに罵声を浴びせた そんな僕でも愛してくれた
 今になってやっとその言葉の本当の意味にも気づきました

 返しても返しても返しきれない
 この感謝と敬意を伝えたい~

親のご恩が知らされますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキマスイッチって

「スキマスイッチ」の大橋卓弥君、いいですね。

~新しい五線譜に並べた 想いを託したメロディー
 向き合うのは評価ではなく 言い訳ばかりの弱虫
 うまくいかなくって悔しくて 涙がこぼれ落ちたら
 また一つ前に進めたっていう証~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

longsighted(先見の明、預見之智惠)(2)

今日、大津(滋賀県)にいる兄貴のお嫁さんから、メールが届きました。「子供達のマスクが義務付けられたんだけど、こっちは、どこも、マスクが売り切れ!北海道から送ってもらえませんか・・」

さっそく、北海道から、マスクを送ったのでした。この事態、誰も予想できませんでした。

Ts3d0516

(3枚100円のマスク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

人より牛馬

北海道、道東(十勝、網走、北見)を走り回っております。

ときには、出あった人間の数より、出あった牛や馬の数の方が多い日も。

でも彼らには、仏教Pict0003 Pict0004  聞けないから~「人身受け難し今已に受く」ですね。

(訓子府「くんねっぷ」の馬さん)

Pict0005

(陸別の牛さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

そいって

昨日は、網走にて、「人間の実相」のお話を聞かせて頂きました。

これは、トルストイも驚嘆した、お釈迦様の有名なたとえ話です。

そして、おとといつれた、「そい」の、刺身を頂いたのですが、

「そい」って、 初めて知りました。毎日、勉強です。

Pict0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

育つかな!

Pict0012 今日は、学徒さんが、帯広教室の畑に

「花や 野菜の苗を植えたい」と来られたので、

Pict0009

Pict0008

Aki氏と3人で植えました。

さて育つかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

longsighted(先見の明、預見之智惠)

~longsighted(先見の明、預見之智惠)~

今のことで精一杯で、先を見通す力がない私。

最近、やっと、勧められて、危機対策を。

乾パンも買いました。Pict0004

そうこうしているうちに、新型インフルエンザの危機が。

わかっている人には、わかっているんだな、凄いな・・・・

看護師をしている妻に話したら、「危機対策、それ、常識なんですけど。」

常識知らずは、私でした。(*・・*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

ちまりこんさみ(5)~業「ぎゃ(む)」

さきほどの、「業」、これは、卒業の業の字を書いて、「ごう」読みます。

これを、北京語読みでは「イエ」と読むのですが、

台湾語読みが、面白いです。

「ぎゃ(む)」と読みます。(この「む」は口だけ「む」の格好をして音を出さない。)

語感が、日本語の、「ごう」と、似ていますね。

王力宏 + Selina の「你是我心內的一首歌」北京語、台湾語両方が使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんうん

「あなた運がいいね。俺、運が悪いんだ。」

「うん、うんっていってるけど、うんって何?」

「うんうんだからトイレできばっているのかな。」

「違う違う、運とは、運命の運だよ。」

「そうそう、その運命って、いったいどうやって決まるの?」

「それはね。私達の行為が生み出したものなんだよ。」

「行為のことを、仏教では業(「ごう」と読みます。)と言って、それには力があって業力と言って、それは、象百頭よりも力があって・・・・」

Ts3d0510 (北海道河西郡芽室町「めむろーど」からの景色。)

今日は、芽室町にて、高森顕徹先生より、お釈迦様の説かれた仏教の根幹である、因果の道理を学ばせて頂きました。

Ts3d0512

(ほくほくの北海黄金を頂きました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のシチュー

Pict0001 久しぶりに「今週のシチュー」です。

学徒さんから頂いた、じゃがいもと、北見産の、玉葱で、クリームシチューです。

今日は、芽室町、そして、今週は、網走、北見へ遠征です。

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)Ts3d0388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

母の日(母親節,mother's day)

Mvc016s 昨日は母の日、「この世でもっとも不幸な人は感謝の心のない人である。」と言われますが、感謝の心を持つことも難しいし、また、たとえ、感じたていたとしても、伝えることが、また、難しいですね。

そんな私達に、感謝の言葉を伝える機会をくれる「母の日」にありがとう!

実の母、義理の母、リトルギャング達の母(妻)に送ります。

「いつも有難うございます。」

朝、ラジオから聞こえた、ちょっといい曲。

MOTHER  (SEAMO)

~「明日朝7時に起して」 と言って あなた時間通りに起してくれて

 しかし 理不尽な僕は 寝ぼけながらに言う言葉は 「うるせぇ!」

 こんな繰り返しのルーティーン いやな顔ひとつせずに

 あなた毎日起してくれた どんな目覚ましより 温かく正確だった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

教えてくれてありがとう!(子供)の2

Ts3d0508_2 (とかちプラザからの景色)

※「教えてくれて有難う」と感謝の言葉を綴りたいのです。

子供が教えてくれました。

自我が育ってくるということは「生きる力が育つ」ということ、

生きる力とは、「自分が正しい」という思い。

しかし、それは、ときに、わがままな、「正しい」

その間違いを教えられると「自我」が否定され、ときに

生きる力も否定されそうになる。

だから、同時に、「自分は愛されている。」「自分は生きていていいんだ。」

「自分は棄てられないんだ。」という気持ちを与え続けなければ、心が

萎えてしまんだな。

と教えてもらいました。

看小孩我学習

自我成長等於活下去的力量成長

活下去的力量成長等於”我是正確”的思考成長

但那個思考常常是任性的”我是正確”思考

被教導那個錯誤的時候,他認為被否定自我,

有時候認為被否定活下去的力量

所以若没一直給他”我被愛””我値得活下去””我絶不被遺棄”

他的心就没力気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認める

Ts3d0508 (とかちプラザからの景色)

子供の姿をみていて思います、

自我が育ってくるということは、「自分が正しい」という思いが育ってくること。

それは、そのまま、自分の間違いを認めることを拒絶するようになること。

「愛されている」「自分は生きていていいんだ。」「棄てられないんだ。」という

強い思いがなければ、自分の間違いを認めることは、自殺行為。

日常どれだけ、「おにぎりマン」ができているかが大切ですね。

(ってわかりにくい話でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

アスパラ!

今年も、アスパラの時期が始まり、さっそく、採りたてのアスパラを頂きました。

甘くて美味しい!昨年、十勝に来たときに、「アスパラってこんなに美味しいのか!」

と驚いてから、はや1年、月日の経つのは、本当に速い。

Ts3d0505_2

帯広教Ts3d0503室のチューリップは、まさに花盛りです。

さて、今日は、どんな出会いが・・・・

Ts3d0506

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

「人間怱々として衆務を営み、年命の日夜に去ることを覚えず。灯の風
 中にありて滅すること期し難きが如し。忙々たる六道に定趣なし。未だ解脱して苦海を出ずることを得ず。云何が安然として驚懼せざらん。」
                            (善導大師)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

どこも満開(2)

どこも満開の帯広、今日はとかちプラザで講座でした。

Ts3d0492

初めて参加された方が、「私は富山県射水市、もとの大門町の生まれなんです。」

「ええ、このとどろきを出版しているところも射水市なんです!」

「先生、このとどろき購読したいんです・・・・」などなど、とどろきの話題に花が咲きました。

Ts3d0495

Ts3d0497

(農家は、花見どころではない。ビート(甜菜)の植え付けで大忙し。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 5日 (火)

どこも満開!(到処都盛開!)

帯広は、どこも桜が満開です。

Ts3d0489

私は去年5月に来たのですが、去年は同じ5月でも、すでに桜が終わっていたようです。

Ts3d0491

今年は、「帯広グリーンパーク(帯広動物園も隣)」の近くに、仏縁の深い方が現れたこともあり、ここを通る機会が多く桜とご縁がありました。

これも「縁」ですね。

Ts3d0494

Ts3d0490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏!(2)

昨日の北見市はやはり、初夏、北見市民会館の桜もかなり開花していました。

Ts3d0484

今日も、帯広は予想最高気温24度、初夏となります。

Ts3d0486

帯広教室のチューリップ、いっきに咲きました。

(桜とチューリップが同時期なんですね。)

旭川の様子は・・・http://blog.goo.ne.jp/asahikawa18

(浄土真宗親鸞会講師の加藤恒人です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

初夏!

Ts3d0483 

快晴の帯広を6時前に出発して、150キロ走りました。

Ts3d0482

(帯広教室のチューリップどんどん咲き始めました。)

天気予報によると、今日の北海道は初夏、帯広は、那覇と同じ気温に、

北見は、宮古島と同じ気温になるとか。

暑い出会いがあることを期待して、

Aki氏は、帯広、とかちプラザ、私は、北見市民会館です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

北海道・帯広の桜は今からが盛りです。(北海道・帯広的櫻花快盛開)

本州の桜はすでに終わりだと思いますが、北海道の桜はこれからです。

帯広は、今から咲き始め連休の間に満開になるのではと思います。

Ts3d0480 (帯広グリーンパーク)

今日の、とかちプラザでの講座では、親鸞聖人9歳のご出家の時、

「明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」のお歌を詠まれるところを上映しました。

続けて聞いて下さいね!

~你可以翻成中文利用這網站(不過不完全)

http://www.excite.co.jp/world/chinese/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

言えない(説不出口)

本当に嬉しいとき、本当に悲しいとき、本当に苦しいとき、それは言葉にならないものですね。

たとえば、

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです~
~今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じて歩けばいいの?(アンジェラ・アキ 手紙)

誰にも言えないことは、どうすりゃいいの?。教えて(歩いて帰ろう・斉藤和義)

本当は言えなくて、だから、言うのだろう。「ありがとう。大丈夫です。お疲れ様です。」(おつかれさまの国 ・斉藤和義)

親鸞聖人に聞いて頂きたいですね。(很想親鸞聖人聴講)

~弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなり~(親鸞聖人)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

同じことの繰り返しの人生(人生,重複同様的事情)

このままどこまでも日々は続いてゆくのかな・・・・

大阪出身のソングライター川村結花さんと、スガシカオさんの詩による名曲

「夜空のムコウ」の歌詞からです。(小田和正さんのヴァージョンでお楽しみ下さい。)

同じことの繰り返しの人生、なぜ生きる。問いかけずにおれませんね。

「真の知識にあうことは
 かたきが中になおかたし
 流転輪廻(るてんりんね)のきわなきは
 疑情(ぎじょう)のさわりにしくぞなき」
(親鸞聖人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »